さて、いよいよ上級のテクニックを教えるときがやってきた! すでに中級まで完璧にできるようになった君は、レースの技術はもうバッチリ。 上級講座は、今までのテクニックを駆使してトリックに挑戦しよう!!



Trick1
360(サブロク)
まずは、360(サブロク)と呼ばれる360度の横スピンをやってみましょう。
この技はターンの応用で、微妙な重心移動が必要不可欠!


1.前側(上図では右足)に力をいれて、重心を傾けます。

2.重心を置いた足を軸にして、回りたい方向に上半身をひねります。このとき、肩を少しかぶせて(上図では左肩)、猫背のようになるとスピンがスムーズになります。

3.180度回ったところで、重心を今までとは逆にするために、前側(上図では左足)に力を入れましょう。

4.2と3をスムーズに行うことで、自然とボードが回り360度回転することができます。下半身を固定しつつ、上半身でバランスを取りましょう。


Trick2
ラウンドハウス・カットバック
次は、中級講座で練習した上昇・下降・ターン・エッジの応用技だ。 この技で重要なのはスピード! スピードをつけて上昇し、ターンすることで、遠心力が発生するので急角度なターンをしてもボードから落ちません。さて、実際にやってみましょう!!

1.スタンスを広めにとって両足で踏ん張り、スピードをつけながら上昇しましょう。

2.ある程度上昇したら、ノーズ側に力を入れつつ曲がりたい方向に重心を傾けます。このとき、エッジをかけるのを忘れないように!

3.スピードをつけたままの急ターンで270度曲がりながら、今度は下降します。

  参考例

 
8話より)


Trick3
カットバック・ドロップターン
カットバック・ドロップターンとは……トラパーの波が崩れる位置で、縦回転して方向転換。その後降下しつつターンをキメる大技。

1.トラパーの波が崩れる位置を見極め、縦回転。まず、テール側に力を入れて、左手でボードのサイド(エッジ)部分を掴もう。このとき、右手・右腕でバランスを取ろう!

2.テール側(後ろ側)に重心を置いて、縦に回転しよう! ボードが自分の真上にきたら、重心はボードの中心に。さらに回転したらノーズ側(前側)に重心を移動させるのがポイントだ!

3.縦回転が終わったらそのまま下降しながらエッジを使ってターンをキメれば成功だ!

  参考例

 
2話より)


カットバック・ドロップターン&360(サブロク)
本編26話でエウレカが見せた、カットバック・ドロップターンから360(サブロク)への連続技だ!

  参考例

 
26話より)


最後に……
初級・中級・上級と、ここまでがんばって練習してきた君!
伝説のリフボーダー・ホランドを目指して、さらに技を磨き、新しい技に挑戦して欲しい。

「ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん!!」

そして、これからも「波を信じ、リフを楽しむこと!」

それが、リフボーダーの心構えだ!


リフライド講座
初級・中級・上級、ご愛読ありがとうございました。

(c) 2005 BONES/Project EUREKA・MBS