商品詳細

BD

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 劇場版 機動戦士ガンダム

公式ショップで購入

『機動戦士ガンダム』40周年を記念して、「宇宙世紀ガンダム」作品がスペシャルプライスBlu-rayとなり登場!!

公式ショップで購入

商品情報

発売日
2019年12月25日
ジャンル
劇場公開アニメ
品番
BCXA-1474
税抜価格
¥10,000
スペック
カラー/(予)/469分/本編ディスク:425分(本編412分+映像特典13分)+特典ディスク:44分
本編ディスク:リニアPCM(モノラル)/AVC/BD50G×3枚/4:3<1080p High Definition>/日本語・英語・中国語繁体字(台湾・香港)・中国語簡体字字幕付(ON・OFF可能)
特典ディスク:リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD25G/16:9<1080p High Definition>/日本語・英語・中国語繁体字(台湾・香港)・中国語簡体字字幕付(ON・OFF可能)/全1巻

特典・仕様

特典
・「機動戦士ガンダム 光る命Chronicle U.C.」
宇宙世紀を描いたシリーズ全ての映像を、新作パートを交えながら作品の垣根を越えて再構成した映像特典
・ブックレットデジタルアーカイブ(※静止画)
※2014年発売の「劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス」(BCXA-0883)封入特典の特製ブックレットをデジタルアーカイブで再収録!
映像特典
・特報
・予告編
他、仕様
・特製収納ケース
作品ごとに舞台となる宇宙世紀の年が入っている統一感のあるデザイン仕様です。

イメージ

僕には、帰れる処があるんだ…

内容

【3作品収録】
■Disc1:「機動戦士ガンダム」
 宇宙世紀0079。宇宙植民地(スペースコロニー)サイド3はジオン公国を名乗り、連邦軍に独立戦争をしかけてきた。サイド7に住む15歳の少年アムロは、ジオン軍の奇襲の中、モビルスーツ・ガンダムに偶然乗り込み、敵モビルスーツ・ザクを撃退する。避難民を乗せたホワイトベースは、ジオン軍の追撃をかわし、逃避の旅を続ける。迫るジオン軍の赤い彗星シャア。大人はみんな死んだ。生きのびたければ、やるしかない。アムロの意志が、ガンダムを飛翔させる!
■Disc2:「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」
 ホワイトベースの戦いは続いていた。ランバ・ラルのグフ、黒い三連星のドムがホワイトベースを襲う! 連邦軍のオデッサ作戦が進行する中で、アムロはかけがえのない人たちを次々と失っていく。ランバ・ラルとハモン、マチルダとリュウが生命をかけて戦い、散華するさまに、アムロが見たものは何か。死と生の交錯する戦場で、アムロのニュータイプへの覚醒が始まった!
■Disc3:「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙(そら)編」
 ホワイトベースは、再び宇宙へと飛び立った。ニュータイプとして覚醒したアムロは、ガンダムで迫りくるジオン軍を次々と撃破、すさまじい戦果をあげていく。運命の少女ララァの乗るエルメスと交戦したとき、アムロの精神は、激しく共鳴をはじめた。だが、その戦いは、恐ろしい悲劇につながっていく。ひとの革新とは本当にあるのか?果てしなき喪失感を越えて、アムロの還える場所は…。

製作年度:1981-1982

スタッフ

原作:矢立 肇・富野喜幸(現:富野由悠季)/総監督:富野喜幸/脚本:星山博之・荒木芳久・山本 優・松崎健一/キャラクターデザイン・アニメーションディレクター:安彦良和/メカニカルデザイン:大河原邦男/美術監督(Ⅰ)・アートディレクター(Ⅱ・Ⅲ):中村光毅/音響監督(Ⅰ):松浦典良/オーディオディレクター(Ⅱ・Ⅲ):浦上靖夫/音楽:渡辺岳夫・松山祐士(※松山祐士の「祐」は「示」+「右」です)/製作:日本サンライズ(現サンライズ)/配給:松竹 他

キャスト

アムロ:古谷 徹/ブライト:鈴置洋孝/リュウ:飯塚昭三/カイ:古川登志夫/ハヤト:鈴木清信/ミライ:白石冬美/セイラ:井上 瑤/フラウ:鵜飼るみ子/マチルダ:戸田恵子/スレッガー:井上真樹夫/シャア:池田秀一/ガルマ:森 功至/デギン:藤本 譲(Ⅰ)、柴田秀勝(Ⅲ)/キシリア:小山茉美/ギレン・ザビ:田中 崇(現:銀河万丈)/ドズル:長堀芳夫(現:郷里大輔)(Ⅰ)、玄田哲章(Ⅲ)/ランバ・ラル:広瀬正志/ハモン:中谷ゆみ/マ・クベ:塩沢兼人/ララァ:潘 恵子/カマリア:倍賞千恵子/ナレーター:永井一郎 他

備考

※本商品は、1981年~1982年の劇場公開時オリジナル音声を収録しており、一切アレンジしていません。 又、2000年12月21日に発売されました特別版の5.1ch音声は収録されておりません。

レーベル:EMOTION

発売元:バンダイナムコアーツ

販売元:バンダイナムコアーツ

(c)創通・サンライズ (c)創通・サンライズ・MBS