商品詳細

DVD

テニスの王子様 Vol.1

商品画像1

公式ショップで購入

週刊「少年ジャンプ」で連載中の大人気漫画がアニメで登場。
強くてクールで生意気な王子様(プリンス)たちのニューエイジ・スポ根アニメ!!
――まだまだだね。

公式ショップで購入

商品情報

発売日
2002年01月25日
ジャンル
TVアニメ
品番
BCBA-1115
税込価格(10%)
¥4,180
税抜価格
¥3,800
スペック
カラー/確/88分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/スタンダード

特典・仕様

初回封入特典
“王子様スナップ写真・3枚セット”(キャラクターたちの生写真)
特典
ライナーノート

イメージ

クールに情熱、さらっと熱血。
お楽しみはこれからだ!

内容

【4話収録】
■第1話「王子様現る」
 テニスのJr.トーナメント開催日。竜崎桜乃は、電車内で騒ぐ高校生をやりこめる少年と出会う。桜乃からトーナメント会場への道を間違えて教えられた少年は、遅刻して失格に…。そこへ先程の高校生が現れる。彼らは生意気な少年をこらしめようとするが、圧倒的なテニスの強さに歯が立たない。その姿に桜乃の祖母・竜崎スミレは微笑む。少年の名は、越前リョーマ。アメリカJr.トーナメントの4大会連続チャンピオンだった。
■第2話「サムライ・ジュニア」
 青春学園中等部へ入学したリョーマ。テニス部コートでは2年の荒井たちが、入部希望の1年をサーブ缶倒しゲームのカモにしていた。それがインチキだと気づくリョーマ。そこへ2年の桃城武が現れる。リョーマの噂を聞いていた桃城は、早速試合を申し込む。互角に打ち合う二人。しかし、リョーマがラケットを利き腕に持ちかえた時、桃城は試合を放棄する。足の捻挫を見抜かれていたと知りつつ、桃城はリョーマの強さを実感するのだった。
■第3話「登場!青学(せいがく)レギュラー」
 リョーマの噂がテニス部内に広まる。部長の手塚と副部長の大石は、レギュラーを決める校内ランキング戦にリョーマを入れるか考えていた。1年は夏までレギュラーになれない決まりがあるからだ。一方、コートでは荒井がリョーマに嫌がらせをし、ボロボロの古いラケットで試合をさせていた。しかし、そんな状況にも動じず、強烈なレシーブを打つリョーマ。注目するレギュラー陣。手塚が書いたランキング戦の表には、リョーマの名が記されていた。
■第4話「マムシと呼ばれる男」
 校内ランキング戦がスタートした。順調に勝ち進むレギュラー陣。リョーマも2連勝を決めて、次なる対戦相手は2年の海堂薫。カチローは海堂の強さを探るため、試合の様子をビデオに収める。無関心のリョーマをよそに、海堂の映像に驚愕する堀尾たち。そして、ついに海堂戦が始まった。“マムシ”の異名を持つ海堂の必殺技は、急角度の強烈なショット『スネイク』だった。海堂に一歩も引けをとらないリョーマは、不敵な笑みを返すが…。

製作年度:2001

スタッフ

第1話 脚本:十川誠志/演出・絵コンテ:浜名孝行/作画監督:窪 敏
第2話 脚本:十川誠志/演出:高島大輔/絵コンテ:山田健学/作画監督:青野厚司
第3話 脚本:吉村元希/演出:多田俊介/絵コンテ:橋 正紀/作画監督:入江健司
第4話 脚本:冨岡淳広/演出:高橋幸雄/絵コンテ:吉永尚弘/作画監督:荒木弥緒

原作:許斐 剛(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)/企画:岩田圭介(テレビ東京)、杉山 豊/シリーズ構成:十川誠志/キャラクターデザイン・総作画監督:石井明治/美術監督:川井 憲/音響監督:平光琢也/音楽:渡部チェル/アニメーション制作:トランス・アーツ/アニメーション制作協力:Production I.G/監督:浜名孝行/製作:テレビ東京、NAS 他

キャスト

越前リョーマ:皆川純子/手塚国光:置鮎龍太郎/桃城 武:小野坂昌也/海堂 薫:喜安浩平/不二周助:甲斐田ゆき/大石秀一郎:近藤孝行/菊丸英二:高橋広樹/乾 貞治:津田健次郎/竜崎桜乃:高橋美佳子/竜崎スミレ:尾小平志津香/井上 守:郷田ほづみ 他

レーベル:EMOTION

発売元:バンダイナムコアーツ

販売元:バンダイナムコアーツ

(c)許斐剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS

検索リンクバナー